確認しておきたい激安車検のポイント

車検 激安

車検は、車が安全に動くかどうかを検査するために行います。お金も時間もかかりますから、できれば避けたいですが、これは法律で定められていることですので、車検を通していない車を動かすことはできませんので、運転する車は検査する必要があります。時間はともかく、お金に関しては出来れば安く済ませたいと、誰もが思います。では検査の時にかかる費用はなにかと言えば、法定費用といわれている、自賠責、自動車重量税、印紙代は、必ず支払う必要があります。では他に何がかかるのかといえば、検査費用と修理費用です。激安価格の店舗の場合、この検査が効率的な流れ作業で行われている事と、ポイントとなっている点を調査していること、そして修理の時の部品も純正ではなく他でも使える部品である場合があるなどの理由で安くなっています。

販売店の車検は、なぜ激安にならないのか

販売店で車検をすると高額になりますが、これは検査に特化しているわけではない点と、必要以上の点での修理や部品交換を行っているという点です。もちろん必要以上でも許可を取った上でのことであり、直すことで快適に車を動かすことができますから大切な点です。また純正の部品というのは、その会社のその車種にしか使えない物もありますから、供給が少なくなり高額になりがちです。また洗車や、代車など一見費用が掛かっていないようにみえますが、実はどこかに上乗せされているという事もあります。また販売店でも検査の取り扱いが少なければ、やはり検査代は高くなります。需要と供給のバランスということです。もちろんその車種について詳しく、純正部品がそろっている販売店での検査は安心できますが、金額面を考えた場合、別の、例えば激安の会社に依頼する方もいます。

激安の車検は質の悪いものになってしまうのか

激安だから悪いだろうという考え方は、的確という部分もありますが、悪いものがいつまでも存在することはなく、良いものに淘汰されていきます。長くある安い車検のお店は、安く早く、ポイントは押さえているというお店であることが推測されます。ただ実際には、見積もりをとることが大切です。見積もりには検査の内容と、その価格が書かれています。お店に予約を取り、車を実際持っていき、見積もりをしますので、非常に面倒ではありますが価格に納得ができない方はぜひ数社に見積もりを取って、内容を比較してほしいです。また最も激安で検査ができるのはユーザー車検です。これは運輸局の検査場に自分で車を持っていき、設備を利用して自分で検査をする方法です。ただし難しい修理になれば結局修理工場などを頼ることになるため、あまり変わらない結果にもなります。