知っておくべき激安の車検店を探す際の注意点

車検 激安

一般的に車検と呼ばれているものは、自動車検査登録制度の事です。自動車や排気量250cc以上の自動二輪車に対して、一定期間ごとに行なわれます。保安基準にしっかりと適合しているかを確認します。また、所有権を公証する為に登録する制度の事です。自動車検査登録制度にはいくつか種類があります。まずは新規検査です。検査と登録を同じ日に行ない、自動車検査証を交付してもらう為のものです。予備検査は、まず検査のみを行ない、後日新規登録を行なうものです。構造等変更検査とは、自動車の大きさや重量、用途などに変更があった場合に行なう検査になります。そして継続検査ですが、これが一般的に車検と称されている検査で、使用中の自動車に対して行ないます。自動車検査証の有効期限を延長させるものになります。では、激安の車検店の探し方を見ていきましょう。

激安で車検を受けられる店舗の探し方

乗用車であれば、新車の場合は3年後、その後は2年ごとに車検を受けなくてはなりません。その費用は意外と高く、安く受けられる店舗を探す人も多いです。車検でかかる費用は、法定費用と車検整備費用にわけられます。法定費用は、重量税や自賠責保険、印紙代です。これらは安くする事ができません。という事は、車検整備費用が安いかそうでないかによって、激安で車検を受けられるかどうかが決まってくるという事になります。この費用は車検場によって大きく変わってきます。その為、まずは見積もりを出してもらう事をおすすめします。すぐに修理や部品交換が必要な場合と、車検は通るけど近々修理や部品交換が必要になる場合があります。すぐ必要な場合は同じものを含めた見積もりを何社かで出してもらいましょう。比較していけば、最安値が見つかります。

車検を激安でしかも安心して受けられる検査場とは

車検を承っている業種についてみていきます。まずはディーラーです。その車の事を知り尽くしている立場での検査を行ないますので、安心して任せられます。しかしその反面、費用が高くなってしまう事が多いです。次に車検専門店です。車検に特化している為、時間やコストを効率化している事が特徴です。自社で整備工場を持っている為、信頼性もあります。しかしレアなトラブルや重整備が必要な場合はディーラーに比べると時間がかかる事もあります。最近ではガソリンスタンドでも車検を受けられます。代車が無料で貸し出される事も多く、いつも利用している場所であれば慣れているという事も利点です。しかし、ガソリンスタンドから移動しての検査になる為、時間がかかってしまう事が多く見られます。車検を激安で受けたいと思うのは、多くの人の意見です。しかし、安いだけではいけません。車を乗り続けるのであれば、安心して乗れるという点も重視しましょう。